【概 要】


社   名 富士バイオ株式会社
代表取締役 亀井清至
本社所在地 〒416-0944 静岡県富士市横割5丁目13番11号
連絡先 TEL 0545-64-0011(代表) FAX 0545-64-1012
創   立 昭和43年3月
設   立 昭和46年5月
資本金 20,000,000円
主要業務内容 健康食品製造・販売

取引銀行

富士宮信用金庫、清水銀行、静岡銀行、富士信用金庫

主要取引先

潟Eチダ和漢薬、甲陽ケミカル梶A慨DTエンタープライズ、韓国富士バイオ、東京都医師協同組合連合会、郵政弘済会 他

【沿 革】


 日本省力機製作所創立


 株式会社日本省力機製作所設立


 「植物にいいものは人間の体にもいいはず」という発想の転換から、
 カニ甲羅の主成分である「キチン・キトサン」入り食品の研究に着手


 研究の成果として世界初のキチン・キトサン入り
 健康食品「カニパック」を発売。その効果は医学界 
 からも注目を集める

 「人の健康を自然の力で応援する」ことを会社の理念とし、
 富士バイオ株式会社に社名を変更


 東京都医師協同組合連合会指定業者の指定を受ける。
 キチン・キトサン協会設立


 新・本社ビル落成

 キチン・キトサンを増量した「カニ
 パックEX」シリーズを発売


 人工皮膚の原料としても使用される。キチン・キトサンの
 人体との親和性を生かした、キトサン素肌液「カニパック
 ・アレ」の製造販売を開始

 キチン・キトサン製品の普及・販売を促進する組織
 として、バイオシェアー株式会社を設立

 キチン・キトサンにカルシウムとオリゴ糖を加えた
 「オリゴミックスCa」を発売


 キチン・キトサンとクエン酸の複合食品「カニサイクル」を
 発売

 人の体と海水の成分の類似に着目し、次世代の健康食品
 として、天然にがりの研究を開始


 天然にがり「bit-150」の販売を行う富士ビット株式会社を
 設立

 インドネシア・マドラ島のミネラルを大量に含んだ海水を
 原料とした「bit-150」を販売


 LR末(ミミズ粉末)含有の「カニパックLR」を発売

 3つの分子量のキトサンを配合「カニパック11」を発売

 クリルオイルとキトサンが主原料「カニパックKR」を発売

キチン・キトサンで体の中から健康になろう

世界初のキチン・キトサン入り栄養補助食品「カニパック」誕生のきっけけは、空き地の一角に捨てられていたカニの甲羅でした。
土がむき出しの空き地の中で、カニの甲羅が捨ててあった部分にだけは青々と草が繁っていたのです。

植物を元気にするカニやエビの甲羅の主成分であるキチン質を、人体に取り入れやすいように加工した成分が、高分子キチン・キトサン。

毎日の食生活にキチン・キトサンを手軽に取り入れられる栄養補助食品として開発された「カニパック」は、多くの人達からよろこばれました。

「カニパック」シリーズで、体の中からみなぎる元気を実感してください。


Copyright(C)FUJIBIO CO.,LTD. All rights reserved.