カニパックKR(カニパックケイアール)原材料

クリルオイル

きわめて高品質な南極オキアミ油

カニパックKRに使われるクリルオイルは、エビに似た甲殻類(図1)から抽出した南極オキアミ油です。

オリンピック社所有のジュベル号というオキアミ専用船(図2)で水揚げされたばかりの新鮮な南極オキアミのみを原材料としており、脂質の副産物が発する不快な臭いを抑える為に、クリルオイルとしては唯一『超臨界流体抽出法』という優れた製法を用いています。(図3)

また『超臨界流体抽出法』を用いることによって、リン脂質とアスタキサンチンを豊富に含んでいることが特徴です。その他ビタミンAやビタミンBも天然の状態でバランス良く含まれています。

リン脂質結合型ω3脂肪酸

カニパックKRに使われるクリルオイルのω3脂肪酸(DHAやEPA)は、一般の魚油であるトリグリセリド結合型油に加え、リン脂質結合型ω3脂肪酸が多く含まれています。その為、より多く効率的に体内に吸収され、保持するという優れた特徴があります。

キトサン
日本海(鳥取県境港)で水揚げされた天然紅ズワイガニの殼から製造された『純国産の高品質キトサン原料』を使用しています。分子量が10万〜100万ほどつながった高分子キトサンです。最大の特長は生体調節性(生命維持活動を全体的に調節する働き)をもつ事です。


亜鉛酵母


亜鉛酵母とは、酵母培養で作られた有機亜鉛で、亜鉛含有量の高い天然型ミネラル食品です。この亜鉛酵母には、亜鉛が10%含まれています。髪や爪、皮膚の健康、DNAやタンパク質の合成、免疫細胞「T細胞」の生成に関与します。


無臭ニンニクエキス末


無臭ニンニクから抽出したエキスの濃縮粉末です。現代人は血栓が生じやすく解けにくい状態になっており、血栓症を引き起こしやすくなっています。無臭ニンニクエキス末には血栓への作用があることが、invivo(イン・ビボ)、in vitro(イン・ビトロ)の両方の試験から解っています。


ミツロウ


蜜蜂は腹部の分泌線からロウを分泌して巣をつくります。この巣からハチミツを採取した後に原ロウを取り出し精製します。植物油、精油と混和する性質があるので配合成分の品質維持の役目をします。分離防止剤として使用。


ゼラチン


被包材。豚の骨をアルカリ処理・精製して製造します。ソフトカプセルの外皮膜に使います。


グリセリン


被包材。グリセリドとしてすべての動桂物の脂肪や油の中に存在しており、石鹸製造の過程でこれらの油脂をけん化する際に、副産物として回収されます。ゼラチンの硬化の調整を目的にしたもので、無味、無臭、無害です。


※カニパックKR容器のキャップはSBS 素材、ボトルはポリエチレン100%



Copyright(C)FUJIBIO CO.,LTD. All rights reserved.