安藤百福賞「発明発見奨励賞」、
伊福教授のキチンナノファイバーの製造技術が受賞!

2019年3月12日(水)、ホテルニューオータニにて、2018年度 食創会「安藤百福賞」授賞式が開催されました。当日、安藤百福賞の受賞者に、食創会の会長である小泉純一郎氏(元内閣総理大臣)より表彰状と副賞が手渡されました。

安藤百福賞は、世界初となるインスタント麺の「チキンラーメン」や「カップヌードル」の発明家で日清食品の創業者である、安藤百福氏にちなんで設けられたものです。

安藤氏は、1996年に、「食を創り世のためにつくす」という理念のもと、食品産業の発展のために「食創会」を立ち上げ、食品開発において独創的な成果をあげた研究者らに「安藤百福賞」を授与、これまでに105件が受賞しています。

23回目となる今回は、京都大学大学院 理学研究科 教授の森和俊氏による「小胞体ストレス応答の仕組みと意義の解明」が大賞を受賞。

また、「発明発見奨励賞」には、鳥取大学大学院 工学研究科 教授の伊福伸介氏によるカニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」の製造技術の確立が選ばれました。

カニ殻の主成分であるキチンは水に溶けにくく、加工が容易ではありませんでした。そこで伊福氏らの研究チームは、キチンを10ナノ(髪の毛の2万分の1程度)の極限まで粉砕し、水に均一に溶ける分散液にすることを試み、これに成功しました。

こうしてナノ化処理されたキチンナノファイバーは、水によくなじみ、加工も容易になったことから他の様々な製品への配合素材としての利用が可能となりました。

キチンナノファイバーは、医薬品や農業資源への利用、さらに、化粧品や食品への配合により、スキンケアや創傷治癒、育毛、ダイエット、整腸、アンチエイジングなど健康・美容に関わる幅広い分野での展開が期待されています。


Copyright(C)FUJIBIO CO.,LTD. All rights reserved.