32年前、日本で初めて
富士バイオがキトサンサプリを発売しました。

カニパックシリーズのロングセラー

『カニパック カニパック』

高分子キトサン+オメガ3系必須脂肪酸+植物レシチン

1986年、日本初となるカニ殻・キトサン製品を販売した、富士バイオのロングセラーが『カニパック カニパック』です。

高純度キトサンを一粒に50mg。さらにω3系必須脂肪酸のシソ油、天然ビタミンEを含む植物油抽出物、大豆レシチン、ゼラチン(変性コラーゲン)などを、富士バイオが考える最適のバランスで配合しました。

キトサンは鳥取県産の新鮮な紅ズワイガニより抽出した、最高品質の高分子キトサンを使用しています。また、人の体内で作り出すことのできない、ふだんの食事からなかなか摂ることができない、必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸の補給にシソ油を使用しています。

レシチンは、私たちの体の細胞膜を構成する主成分で、生命活動にとても重要な働きをします。100%遺伝子組み換えの無い大豆から抽出したものを使用しているため、安心してお召し上がりいただけます。

『カニパック カニパック』は、JHFAマークを取得しています。このマークは、消費者の方々に、安全、衛生、表示など一定の規格基準を満たした製品を届けることを目的に、厚生労働省認可の(公財)日本健康・栄養食品協会による「認定健康食品認定審査会」の審査を経たものが認可されます。
商品名:カニパックカニパック
名称:キトサン含有食品
原材料名:しその実油、ゼラチン、植物レシチン、ミックストコフェロール、キトサン(カニ由来)、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル
内容量:129g(1粒の重量460mg、1粒中の内容量300mg)×280粒
栄養成分表示〔1粒460mgあたり〕:熱量2.7kcal、たんぱく質0.12g、脂質0.24g、糖質0.03g、食物繊維0.05g、ナトリウム0.4mg
規格成分およびその含有量:1粒中キトサンとして50mg含有
摂取量および摂取方法:1日6~20粒を目安に水などでお召し上がりください。

価格:\9,072 (税込)  ご購入はこちら >

ネットでいつでも受付、送料は全国無料です。

ご注文方法:インターネットにて24時間ご注文が可能です。お電話でのご注文は、平日(土・日・祝日除く)午前9:00~午後6:00まで受け付けています。

お支払い方法:クレジットカード、銀行振込、代引き、コンビニ払い、郵便振替などご利用いただけます。(※お電話でご注文の場合は、代引きのみのご利用となります。それぞれお振込み手数料は、弊社負担とさせていただきます)

送料:全国送料無料です。発送について:午後3:00までのご注文は当日発送いたします。
返品・交換について:返品期限・条件~商品到着日より7日以内となります。それ以上になりますと、返品、交換はお受けできなくなりますので、何卒ご了承ください。

カニ殻キチン質、キチン・キトサンのはなし

地球上の原始的な生物、カビなどの菌類の細胞の表面には、保護膜の働きをする細胞壁が存在し、その多くがキチン質で成り立っています。
また、昆虫やクモ、カニなどの節足動物は、身体を支えるために硬い殻(主成分はキチン質)で覆われています。

こうした、キチン質は私たちの健康作りに有益なものですが、ふだんの食生活では、なかなか摂りずらいのが現状です。富士バイオのキトサンサプリは、カニ殻のキチン質を強アルカリで高熱処理(脱アセチル化)してキトサンを生成、忙しい現代人にも摂りやすいカプセル状にしたものです。

キトサンの原料となるカニ殻は、鳥取県境港で水揚げされた新鮮な紅ズワイガニを用い、自然の原料、製造途中の水も純粋なものを使用しているため安全無害です。

富士バイオでは、30年にわたるロングセラー商品『カニパック カニパック』の他にも健康・美容用途で活躍の各種商品を取り揃えています。

キトサンとラクトスクロース(乳果オリゴ糖)、カルシウム配合の『オリゴ・ミックスCa』は、腸で働く2つの成分とカルシウムを組み合わせて顆粒にしたものです。

キトサンは、食物繊維として自然界では唯一、プラスに荷電しています。こうした性質により、体内の不要な成分を吸着し体外へ排出したり、吸収を遅らせますので、過剰な食事内容に不安をお持ちの方には、嬉しい働きです。

また、キトサンは親和性が高く、人工皮膚の主原料としても使われています。キトサン誘導体が主成分のキトサン素肌液『カニパック アレ』は髪の毛から足の先まで、全身の健康のために開発された保湿・保護液です。

ローズマリー葉エキスやスギナエキスなど6つの植物エキス配合で、赤ちゃんから大人まで全ての肌にお使いいただけます。


『キトナコス』を特別価格:1,080円(税込)で購入 こちら >

現代人に最も必要な高分子&低分子キトサン『キトナコス』


『ザ プレミアムキトサン キトナコス』は、5種類のキトサンを使用しています。まずは、高分子キトサン(分子量約100万以上)ですが、30余年におよぶ日本でのキトサン研究の中で、多くの有用性報告があがっています。

そして、低分子キトサン(分子量約15万以下)。低分子キトサンは高分子キトサンに比べ、体内での溶解が容易です。これに分子量を低めた、水溶性キトサン(分子量約1万前後)を配合。乳酸との混合で、体内での溶解性が高まります。

これらのキトサンに加え、NACOS<ナコス=キチンオリゴ糖>(分子量約424~1,236)とCOS<コス=キトサンオリゴ糖>(分子量約340~1,306)を配合。難消化性のキチンには無い生理作用で、体内ではプレバイオティクスとして働きます。

プレバイオティクスは乳酸菌やビフィズス菌など腸内の有用細菌を増やすオリゴ糖や食物繊維がよく知られますが、食の欧米化により乱れがちな腸内細菌叢を整え、腸内環境の健全化に役立ちます。

とくに近年では、肉食過多の米国でプレバイオティクスの摂取が一大ブームとなっており、免疫調整の大部分を担うとされる腸内環境の整備の重要性が叫ばれています。

5種類のキチン・キトサンを配合『ザ プレミアムキトサン キトナコス』

『ザ プレミアムキトサン キトナコス』は、高分子&低分子キトサン、NACOS(ナコス=キチンオリゴ糖)・COS(コス=キトサンオリゴ糖)を含む、キトサンサプリです。

キチン・キトサンの有益な成分がギッシリ詰まった『ザ プレミアムキトサン キトナコス』。

キチン・キトサンの効果を最大限に引き出せるよう工夫された、このキトサンサプリで「飲んで納得!」のヘルシーライフを体感してください。

【 まずは1本お試しください 】
お客様には製品を実際にご使用いただき、納得のうえ長くご愛用いただきたいとの思いから、初回のみ特別価格で提供しています。※初回限定特別価格は、1家族様につき1本となります。

『キトナコス』を特別価格で購入 こちら >

【 キトナコスの内容成分 】

●栄養成分表示:1粒(194mg)あたり / 熱量:0.8kcal, たんぱく質:0.04g, 脂質:0.01g, 炭水化物:0.12g, 食塩相当量:0.0002g
●原材料名:キチンオリゴ糖(かにを含む)、キトサンオリゴ糖(かにを含む)、ナタネ硬化油/キトサン(かに由来)、ゼラチン、カラメル色素
●内容量:54.3g(1粒重量194mg×280粒)
●お召し上がり方:1日9粒を目安に、水などで召し上がりください。

『キトナコス』を特別価格で購入 こちら >

カニ殻には、何か秘めたる力がある・・・


キトサンサプリの開発・販売で、32年目を迎えた富士バイオ。1986年に、日本で初めて、カニ殻・キトサン製品の販売を開始し、キチン・キトサン製品を主軸に、キトサン素肌液などさまざまなアイテムを取り揃えています。

キトサンサプリ誕生のきっかけは、廃棄され野積みにされたカニ殻の処理の相談を受けたことでした。

日本一のカニの水揚げ量を誇る境港(鳥取県)では、カニの加工の際に出る大量のカニ殻の処置に困っていました。

カニ殻の廃棄をどうすればいいのか。先代の亀井代表は実際にカニ殻の廃棄の現場に赴き、現状を視察することにしました。

しかし、現地で目のあたりにした光景・・・驚いたことに、そこは想像していたような不衛生で悪臭を放つ、殺伐としたカニ殻の廃棄場ではなく、もう一つの別の風景が広がっていました。

野積みにされたカニ殻の周りの作物が活き活きと生い茂っていたのです。

カニ殻には、何か秘めたる力がある。廃棄されたカニ殻の周囲を見渡しながら、亀井代表は、そう直感しました。これを、人々の健康のために活かせないか、田畑で天然の肥料として使えないか、廃棄処理にも困るカニ殻、しかしこれが世の中の役に立つ日がきっと来る。亀井代表はそう確信しました。

折しも、当時の文部省の科学研究でもカニ殻・キトサンの有用性が報告され、キトサンへの研究熱が高まっていました。

1984年-1985年、文部省は「昭和60年度文部省科学研究費総合研究(B)」の中で「キチン・キトサン及び関連酵素の基礎・応用研究の新展開」と題して多額の研究費を大学等に拠出すると発表しました。

1990年には、カニ殻・キトサン製品の販売企業や原料サプライヤー、製造メーカーが集い、人々の健康維持・増進を理念に「キチン・キトサン協会」が発足しました。

キチン・キトサン協会では、国内外から多くの専門家が参集し、キチン・キトサンの有用性について活発な討論や研究を行いました。

そこから、次第にキトサンの免疫や腸内環境、コレステロールへの影響などが明らかにされていきました。

そうした研究実績から、1993年には、(財)日本健康・栄養食品協会が、「キチン・キトサン食品」の規格基準の作成作業部会を設置。行政サイドからも正式にキトサン製品が認知され、キトサンサプリの市場は一気に拡大していきました。

2000年には、10年ぶりに「第2回カニ供養祭」を富士バイオ主催で開催、国内外からキチン・キトサンの研究者、製造、販売企業などおよそ200名が参加しました。地元米子市(鳥取県)からも高い関心が寄せられ、NHKや朝日新聞など大手メディアでも取り上げられました。

日々高まる人々のキトサンへの関心。健康・医療現場からも注目され、国内外で広く普及していくさまざまなキトサンサプリ。

そうした中、一貫して、富士バイオはキトサンサプリのリーディングカンパニーとして業界の牽引役を担い、より良質なキトサン製品の開発に努めてきました。


自然で純粋なキトサン原料、品質の徹底管理


『ザ プレミアムキトサン キトナコス』は高分子&低分子キトサン、水溶性キトサンなど5種類のキトサンを配合しています。こうしたキトサンサプリで使われる、キトサンはどのようにして得られるのでしょうか。

キトサンはカニやエビの殻に多く含まれるキチン質から幾つかの化学的な処理工程を経て取り出されます。

富士バイオでは良質で高純度のキトサンを取り出すために、カニ殻(鳥取県産紅ズワイガニ)を多く利用しています。

カニ殻の甲羅や脚は蛋白質、灰分(主として炭酸カルシウム) 、キチンの3成分から成り立っています。蛋白質はアルカリに、カルシウムは酸に溶けます。

まず塩酸でカニ殻のカルシウムを溶解除去し、次に苛性ソーダで蛋白質を除去します。これによりキチンが得られます。

キチンはN-アセチルグルコサミン(GlcNAc) が多く集まったもので、炭素、水素、酸素、窒素といった元素で構成されています。

このキチンを45%苛性ソーダ溶液の濃アルカリで100度~120度に加熱します。20時間も煮沸するとアセトアミド基の加水分解が起こり、脱アセチル化が完了します。

こうして、キチンと似てはいるものの、化学的な構造式が僅かに異なる、遊離アミノ基をもつキトサンが生成されます。

このキトサンを塩酸でさらに短分子化すると最小単位の単糖(グルコサミン)になります。体内では食品由来のリゾチームやキチナーゼ、キ卜サナーゼという酵素で、オリゴ糖やグルコサミンなどに分解されます。

カニ殻から取り出されるキチン・キトサンは、原料は自然のもの、製造途中の水も純粋なもので、アルカリ処理と洗浄を繰り返し、異物の混入が無いように徹底管理されています。

富士バイオがキトサンサプリの開発・販売を手掛けて早32年。

30周年の機には、これまでの多くのキトサン研究の成果を踏まえ、「さらに、より多くの人々を健康に」との願いから新たな商品を開発しました。

それが、高分子や低分子、水溶性といった5種類のキトサンを配合した『ザ プレミアムキトサン キトナコス』です。

富士バイオの32年に渡るキトサンサプリの研究・開発で培った英知の結晶ともいえる商品です。


『キトナコス』を特別価格:1,080円(税込)で購入 こちら >

富士バイオのキトサンサプリ
富士バイオのロングセラー、キトサン製品『カニパック カニパック』

富士バイオのオススメサプリ
高分子&低分子キトサン、分子量の異なるキトサン配合『キトナコス』

キチン・キトサンのはなし
健康・美容用途で活躍

富士バイオ、32年の実績
カニ殻には、何か秘めたる力がある

鳥取県産紅ズワイガニを使用
自然で純粋な原料、品質の徹底管理

キトサンは分子量が決めて!分子量の異なる5種類のキチン・キトサン配合『キトナコス』
只今、初回限定1,080円(税込)
カニパックシリーズの基本形!
高分子キトサン+オメガ3系必須脂肪酸+植物レシチン配合、富士バイオのロングセラー商品『カニパック カニパック』
腸で働く2つの成分とカルシウム、3つの組み合わせが食べやすい顆粒に!
キトサンとラクトスクロース(乳果オリゴ糖)+カルシウム配合『オリゴ・ミックスCa』
すべての人へ、すべての肌へ!キトサン誘導体と6つの植物エキス
キトサン素肌液『カニパック アレ』


1994年より放映のカニパック健康体操CMです! (音楽が流れます)

UP